阿蘇んフォト!

中年オヤジがファミリーを道連れに、写真を投稿するありふれたブログです。

初秋の菊池渓谷はとっても気持ちいい!

日本森林浴の森100選に選ばれる菊池渓谷は、「天然クーラー」とも称される人気の冷涼スポットです。熊本地震でしばらくアクセスできませんでしたが、今は(執筆時点)通常通り入谷することができます。(一部通れない場所もあるようです。)
もちろん、フォトスポットとしても人気で、特に夏場の樹木から溢れる「光芒」を目当てに撮影に訪れるアマチュアカメラマンも多く、今回訪れた際にも多くの人で賑わっていました。

kikuchikeikoku.jimdo.com

 

撮影機材

入谷には維持管理協力金(100円)が必要です。渓谷内をゆっくり歩いて1時間ぐらいの散策コースがあります。(短いコースもあります)もちろん、撮影目的であれば1時間ではすまないですね…。

また、今回はミラーレスの軽さを生かして、三脚もコンパクトなものを持ち出しました。最近、アルカスイス互換のプレート?を装着しましたが、とっても便利ですね。

使用したのはこちら。

 ▼マンフロット ミニ三脚

Manfrotto ミニ三脚 PIXI ブラック MTPIXI-B カメラ用

Manfrotto ミニ三脚 PIXI ブラック MTPIXI-B カメラ用

 

 

 ▼アルカスイス互換のクイックリリースクラン

[MENGS] DC-38Q クイックリリースクランプ

[MENGS] DC-38Q クイックリリースクランプ

 

 この商品、ピークデザインのマウントにもしっかり適合しているので、着脱がものすごく便利になりました。もう一つの三脚用にも購入しないと!

フォトレポート

f:id:oconomy19:20180922133351j:plain

ILCE-6500/E 10-18mm F4 OSS - 0.6 (f / 13) 16 mm ISO 100

 

f:id:oconomy19:20180922133403j:plain

ILCE-6500/E 10-18mm F4 OSS - 0.8 (f / 13) 16 mm ISO 100

NDフィルターを付けるとトロトロの川の流れが撮れるんだろうな〜

 

f:id:oconomy19:20180922133524j:plain

ILCE-6500/E 10-18mm F4 OSS - 0.6 (f / 14) 27 mm ISO 100

▲森の守り神が出てきそうな渓谷です

 

f:id:oconomy19:20180922141149j:plain

ILCE-6500/E 24mm F1.8 ZA - 1/30 (f / 1.8) 36 mm ISO 400

カールツァイス単焦点は、結構寄れるので面白い画が撮れます

 

f:id:oconomy19:20180922141422j:plain

ILCE-6500/E 24mm F1.8 ZA - 1/30 (f / 1.8) 36 mm ISO 400

▲もっと絞らないといけなかった失敗作。どこにピントあってるんだ(T_T)

まとめ

訪れた際は生憎の天気で光芒を撮影することができませんでしたが、久しぶりに菊池渓谷を満喫することができました!これからは紅葉の季節、夏とは違う風景を切り取りに、チャレンジしたいと思います〜!

 

ポチッとしていただけると嬉しいです!

にほんブログ村 写真ブログ 九州風景写真へ
にほんブログ村

 

「チームラボ かみさまがすまう森」に行ってきた!

一度は観る価値あり!庭園を彩る光の祭典

佐賀県武雄市で2018年7月19日から10月28日まで開催中の「チームラボかみさまがすまう森」に行ってきました。

9月の3連休中日ということもあり、大勢の人でごったがえしており、イベントの人気さが伺えました。

今回は、最近新調したミラーレス一眼「α6500」で撮影してきたので、写真とともに紹介します!

撮影機材

でっかいD610はおさらばして、今回スペックダウン(いやいやスペックアップ)として新調した次の機材を持っていきました。小さいって素晴らしい!

 ●α6500ボディ

 

 ●ソニー SONY 広角ズームレンズE10-18mm SEL1018

 

ソニー SONY SEL24F18Z

 

フォトレポート

f:id:oconomy19:20180923183238j:plain

ILCE-6500 - E 24mm F1.8 ZA 1.6 秒 (f / 5.0)24 mm

↑御船山楽園内の「花見台」からの眺望です。さまざまな色のライトアップで森全体がカラフルに彩られています。日没前だったので空はまだ明るいです。

 

f:id:oconomy19:20180923185007j:plain

ILCE-6500 - E 10-18mm F4 OSS 1/5 (f / 4.0)10 mm

これが多分、御船山楽園の頂上なんだと思います。下からのライトアップで照らされています。

 

f:id:oconomy19:20180923185349j:plain

ILCE-6500 - E 10-18mm F4 OSS 1/5 (f / 4.0)10 mm

↑こちらは大きな岩に動く花(多分…)が映し出されています。作品名は「増殖する生命の巨石」だそうです。モジャモジャ感がいい感じでした。

 

f:id:oconomy19:20180923205530j:plain

ILCE-6500 - E 10-18mm F4 OSS 1/5 (f / 4.0)10 mm

↑こちらが今回のイベントの目玉だと思います。池の周りにたくさんの人人人でした。船の人はデジタルアートではなく「本物の人」ですが、たまたまだったのか、休憩時間だったのかは定かですが、15分ほど空白の時間があり、止まった鯉をただひたすら眺めていました。
5分から10分程度の演出で、写真の場面がクライマックスでシャッターチャンスの時間です。結局、場所を変えて3回見てしまいました(^o^)

f:id:oconomy19:20180923205524j:plain

ILCE-6500 - E 10-18mm F4 OSS 1/5 (f / 4.0)10 mm

 

f:id:oconomy19:20180923205619j:plain

ILCE-6500 - E 10-18mm F4 OSS 1/25 (f / 4.0)10 mm

おまけ写真。よく見る竹あかりですが、配置を変えるだけでこんないい感じになるんですね。

 

簡単な動画も撮影しました!


御船山楽園をα6500で撮ってきた!

 

まとめ

建造物へのプロジェクションマッピングはよく見ますが、自然にあるものをアートに変えるチームラボさんはさすがだなと思いました!また、会場となっている御船山楽園は四季折々の風景が楽しめるとのことで、真夏の昼間や紅葉の時期に行ってみたいなぁ。けど、微妙に遠いのが残念……。イベントは10月28日までみたいなどで、ぜひ足をお運びください!

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

 

梅雨前の杵島岳はとっても気持ちいい!

阿蘇五岳のうちの一つ、杵島岳に登ってきました。登ると行ってもこの山は低山で、山頂までの登山道は整備されており、ハイキング感覚で子どもでも気軽に登ることのできる山です。

 

平成28年の熊本地震で一時は登山不可となっていましたが、一部のルートを除いて登山ができるようになりました!

現在登山ができる阿蘇五岳の情報はこちら

 

草千里前の駐車場から頂上までは約30分程度で登ることができます。駐車場の東側(阿蘇中岳側)から登山は開始です。案内看板に従ってひたすら頂上を目指します。低山とはいえ30半ばのオッサンには応えます^^;途中ウン回の休憩をはさみようやく到着した頂上からの景色がコチラ!

f:id:oconomy19:20170603144435j:plain

NIKON D610 - 15.0-30.0 mm f/2.8 1/4000 秒 (f / 3.2)15 mm

奥の三角の山が烏帽子岳です。こちらも阿蘇五岳の仲間!前に広がるのが草千里ですね!

f:id:oconomy19:20170603140550j:plain

NIKON D610 - 15.0-30.0 mm f/2.8 1/400 秒 (f / 11)15 mm

南東に見えるのが阿蘇中岳。こちらは自身の影響で今は立ち入りができません…。(H29.5月現在)昨年の噴火で心なしか周辺の灰が積もったような気がします。こんな白くなかったはず…。

 

6月は原生するミヤマキリシマが見頃を迎えていて、ところどころでピンク色の花を見ることができます。ミヤマキリシマは阿蘇山上や仙酔峡が有名ですが、杵島岳に原生するミヤマキリシマもなかなかのものです!

f:id:oconomy19:20170603145819j:plain

NIKON D610 - 15.0-30.0 mm f/2.8 1/250 秒 (f / 9.0)15 mm

構図がイマイチですが写真に花が入ると一気に賑やかになりますね!

 

景色とミヤマキリシマの二重撮りは今しかない!

ということで、杵島岳登山は6月初旬、梅雨前に行くことをおすすめします!気候もあつすぎず寒すぎずでちょうどよかばい(^o^)ちなみに今回は薄いアウターを羽織っただけでしたよ。

県道阿蘇吉田線(阿蘇パノラマライン)は現在、夜間が通行止めです(H29.5月現在)ので、登山する場合は計画的に!また、草千里の駐車場は有料ですのでそちらもご注意を!杵島岳登山後は草千里をのんびり散歩するのもいいかもですね!心が洗われますよ!

 

↓ちょっと覗いてみてごらん♪

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

扇棚田は田植え後がイイ!

熊本県産山村にある「扇棚田」。5月中旬ごろに田植えが行われますが、この時期にメディアに度々取り上げられる有名な棚田です。

 

何を隠そうこの棚田、全国棚田百選・うまい米作り百選に選ばれているという素敵な場所です!

 

今回は朝6時前後に訪れましたがすでにアマチュアカメラマンが数名!

近所にいながら初めて訪れましたがなんという絶景!

f:id:oconomy19:20170521060450j:plain

NIKON D610 - 15.0-30.0 mm f/2.8 1/40 (f / 18)17 mm

 

 

広角で撮影し、西に見える根子岳を入れてみました。広角だといろいろ情報が増えて、せっかくの扇棚田がぼやけてしまう…

 

f:id:oconomy19:20170521060706j:plain

NIKON D610 - 15.0-30.0 mm f/2.8 1/50 (f / 18)15 mm

 

 

縦撮りでもパシャリ!うーん、写真では伝わらないかも知れませんが、すごく絶景です!空気が澄んでいれば写真のように南の山々も望むことができます!

やっぱり朝がいいかもですね。でも、夜の星空を入れて撮影されている写真もよく見かけますので、それにも一度チャレンジしたいですね!

 

 

山奥にあるのでアクセス注意!

この場所のアクセスは産山村役場のホームページに記載がありますので貼っておきます。私はgoogleマップで向かいました。到着予定時刻がデタラメですが案内よりも早く着けますよ!

にほんブログ村 写真ブログ 九州風景写真へ
にほんブログ村 

阿蘇パノラマラインをポタリング!

今日は、阿蘇の道の中でもオススメの阿蘇吉田線「通称:阿蘇パノラマライン」を初めて自転車で駆け上がりました。この道は阿蘇の人気スポットである草千里、そして阿蘇中岳に続く道です。

 

この道は昨年4月の熊本地震の影響で、時間帯規制中。

日中のみの通行可能となります。

f:id:oconomy19:20170514105620j:plain

NIKON D610 - 50.0 mm f/1.8 1/1000 (f / 6.3)50 mm

 

道沿いからは阿蘇谷、阿蘇五岳を一望でき、あか牛や馬を間近に見ることができます!

 

 

f:id:oconomy19:20170514110843j:plain

NIKON D610 - 50.0 mm f/1.8 1/400 (f / 6.3)50 mm

 

今日は朝から走りましたが、自転車のりの方ともたくさんすれ違いました。

ヘタレなので、途中で引き返しましたが、下りの爽快感は格別です!

 

f:id:oconomy19:20170514111710j:plain

NIKON D610 - 50.0 mm f/1.8 1/3200 (f / 2.2)50 mm

 

 

地震で形が変わってしまった米塚と、愛車をパシャリ。写真を撮りたいという都合のいい理由で、何度も道沿いでパシャパシャとってしまいました!体力があれば今度は草千里、中岳へ…そんな日はくるのでしょうか…。

にほんブログ村 写真ブログ 九州風景写真へ
にほんブログ村 

緑仙峡で川撮り!

2017GWの終わりに車を走らせ向かった「緑仙峡」というキャンプ場。

中央に芝生が広がり、ロッジが数棟。中央にはヤマメやニジマスが放たれた釣り堀もあり、子どもたちも楽しめるナイスロケーションスポット。

キャンプ場の脇に流れる川も、緑に囲まれいい感じ!

 

ということでオヤジが撮った、きょうの一枚!f:id:oconomy19:20170506151511j:plain

NIKON D610 - 15.0-30.0 mm f/2.8 1/20 秒 (f / 22)15 mm

 

改めて見ると、斜めになってます…。残念ですね。

こんな感じでゆるーく誰でも撮れる写真を投稿していきます。

長い目でお付き合いください!

にほんブログ村 写真ブログ 九州風景写真へ
にほんブログ村